何度も言いますけど、(1)安倍昭恵さんが大分に行ったのは、 宮家復帰の神託を受けるために行った。 (2)佐伯耕三くん発案のアベノマスクは 悪徳チャイナマスクブローカーを退治して、 マスクの流通を一瞬にして可能にした。 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 東京都の小池さんのやりたい放題が7月の選挙まで続いたら、日本は地獄の底に落ちる、というシャーマンの声 | TOP | コロナウィルス 騒動の終息は5月の連休明け、長引いても5月一杯と言うのが武田先生のお考えです。しかし、小池さんの選挙のために引き延ばすと6月いっぱいで、北朝鮮のあの人が死亡したニュースがあればその日に終息するのかも。 >>
何度も言いますけど、(1)安倍昭恵さんが大分に行ったのは、 宮家復帰の神託を受けるために行った。 (2)佐伯耕三くん発案のアベノマスクは 悪徳チャイナマスクブローカーを退治して、 マスクの流通を一瞬にして可能にした。

 

gvbdo国際文化会館のスイーツ Leica Q

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

 

gvbdo

↑↑↑info Click↑↑↑

 

(注意)今日の内容もヤマザキ先生の妄想ですから

 

スピ系以外の人は相手にしてはいけません。

 

晴れの高山です。

 

こんなニュースがありました。

 

*****

独占入手!安倍昭恵さん

「大分旅行の全貌写真」50人の参加者と…

 

NEW

|社会・事件

 

鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人(写真右)。写真左の小太りの男性がツアー主催者の松久氏だ

境内を散歩していた近隣住民が語る。

 

「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」

安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人(57)。

 

本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。

 

首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。

 

「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。

 

3人はゆっくり歩いて合流。10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」

タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏(53)で、このツアーの主催者だ。

 

「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が合流参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。

 

本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。

 

「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」

大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。安倍夫妻の関係も「緊急事態」なのだ。

 

4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、約50人がパワースポットで「密集・密接」している写真と、参拝の様子を詳報している。

 

詳細が書かれた本誌記事はコチラ

 

*****

 

皇位継承で「旧宮家復帰」聴取 

政府が有識者ヒアリングで 

論点整理への明記が焦点に

4/15(水) 19:57配信

産経新聞

皇位継承で「旧宮家復帰」聴取 政府が有識者ヒアリングで 論点整理への明記が焦点に

皇籍離脱した旧皇族11宮家の系統 

 政府が安定的な皇位継承策の検討に向けて実施している有識者への意見聴取で、戦後に皇籍を離脱した旧宮家の復帰に関する考えを尋ねていることが15日、分かった。安倍晋三首相は皇位の男系継承維持の重要性を主張しており、政府が今後まとめる予定の論点整理に皇位継承策の一つとして旧宮家の復帰が初めて明記されるかが焦点となる。

【表】安定的な皇位継承をめぐる論点

 関係者によると、意見聴取は内閣官房の職員が個別に複数の有識者を訪ねて実施。皇位継承者が(1)秋篠宮さま(2)悠仁さま(3)常陸宮さまの計3人と戦後最少である現状を踏まえ、現行の皇位継承資格や婚姻に伴う皇籍離脱制度に関し維持・見直しなどの意見を尋ねた。

 旧宮家の復帰については▽旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚▽現存する宮家に養子に入る▽皇籍取得−などの考えを聴いたという。伏見宮家など11宮家の51方は昭和22年10月に皇籍を離脱している。

 旧宮家の皇籍復帰は、小泉純一郎政権だった平成17年の「皇室典範に関する有識者会議」で保守派が主張したが、皇籍離脱から長い時間が経過し、旧宮家と現在の皇室との共通の祖先が600年以上前にさかのぼることなどを理由に具体策として明記されなかった。


 菅義偉官房長官は2月10日の記者会見で、皇位継承策に関し既に有識者への意見聴取に着手したと述べていた。政府は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられたことを示す「立皇嗣の礼」の後に議論を本格化させる方針だ。

 

*****

 

マスコミが安倍昭恵さんをディスるニュースを

 

撒き散らしていますが

 

完全にフェイクニュースなので

 

安倍昭恵さんは相手にもしません。

 

これがヤマザキ先生の好きな

 

福島瑞穂ちゃんや蓮舫ちゃんだと

 

名誉毀損で訴えてやる

 

となるのでしょうが

 

安部晋三さんも安倍昭恵さんも相手にしません。

 

この時点でスピ系のあなたには

 

安部晋三さんも安倍昭恵さんも

 

徳積みをしている

 

真光の今泉さん流に言うと

 

修行をしている

 

ということになり

 

大物は違うわ

 

とわかるのです。

 

しかも、安倍昭恵さんが宇佐八幡様に

 

お参りした直後に

 

宮家の復帰が動き出したのを知り

 

ああ、あれか

 

とスピ系の人なら知っている

 

天皇家に関わる一大事の際には

 

神託を伺いに行く神社だと

 

和気清麻呂公の時代から知られているので

 

安倍昭恵さんもそのために

 

行ったのだろうなあ

 

と思うのが自然です。

 

安倍ちゃん「アッキー、布袋くんのCDを

 

大きな音で聴くのも良いけど、

 

神様にあのこと聞いてくれた?」

 

アッキー「ああ、あれね。Yesだって。」

 

安倍ちゃん「偽物を追い出すのはどう。」

 

アッキー「ああ、あれね。Yesだって。」

 

という会話があったかどうかは知りませんが

 

そんな感じで進んだのだとうと

 

ヤマザキ先生は考えています。

 

神様への質問はYes, Noの答えを聞く

 

質問でないといけないので

 

アッキーのように直感で動く人でも

 

問題ない、というか

 

そういう人でなければならない

 

というのがシャーマンになる第一の資格

 

だそうですから

 

佐伯耕三くんが安倍ちゃんと話していても

 

横で布袋寅泰くんのCDをガンガン聞いている

 

アッキーですがちゃんと国難に際しては

 

仕事をしているようです。

 

佐伯耕三くん発案の

 

アベノマスクですが

 

悪徳中国人ブローカーが

 

買い占めたマスクをアベノマスクの登場で

 

焦って億枚の単位で放出しているようで

 

飛騨高山でもすでに使い捨て

 

マスクの販売が始まっています。

 

マスクを全国民が手に入れられるようにする

 

という意味で、アベノマスクはその役目は終わり

 

回収しても問題はないと考えているのでしょう。

 

今日の話を高山市で

 

一番人気のある

 

親切なブロガーのヤマザキ先生が

 

飛騨高山の普通のおばちゃんにでもわかるようにまとめると

 

(1)安倍昭恵さんが大分に行ったのは、

 

宮家復帰の神託を受けるために行った。

 

(2)佐伯耕三くん発案のアベノマスクは

 

悪徳チャイナマスクブローカーを退治して、

 

マスクの流通を一瞬にして可能にした。

 

というこの2点になりますので、

 

ミナビータに集結している

 

江名子婦人部の人たちは

 

マスコミのフェイクニュースには

 

惑わされないようにしましょう。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

| 高山市の日常 | 12:56 | comments(0) |
コメント
コメントする