安部下ろしは2006 年にもあったことを懐かしく思い出しました。夫婦円満のコツは忍耐です。昭和天皇もおっしゃっていましたよね。 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 高山のシャーマンの言葉:使える薬があるのに使わないのは選挙のため 補償がケチなのは選挙のため | TOP | 高山市の一人10万無審査給付がなくなったのは、自分の給料が減ると反対した理事のせい、といのはマジ? >>
安部下ろしは2006 年にもあったことを懐かしく思い出しました。夫婦円満のコツは忍耐です。昭和天皇もおっしゃっていましたよね。

 

音楽がとても良いので見てね↑

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

 

gvbdo

 

 

注意)ここに書かれているのはヤマザキ先生の妄想であり

 

現実とは違うかもしれません。

 

晴れの高山です。

 

今回の新型コロナは

 

半日売国マスコミの

 

フェイクニュースの大合唱がメインなのですが

 

それを利用して加速している

 

安部晋三下ろしと言うことに関しては

 

2006年の安倍第一内閣が倒れたときの

 

福田・麻生の足の引っ張り方と

 

手口がとても似ていると

 

ふとヤマザキ先生は懐かしく思いました。

 

それは今から14年前の話で

 

ヤマザキ先生が若干46歳で

 

皐月の全日本チャンピオンになり

 

内閣総理大臣賞を小泉純一郎さんの

 

名前でもらったのですが

 

その時の懐刀と言われたのが安倍ちゃんで

 

普通は賞状と銀杯だけなのに

 

何故かヤマザキ先生は懐中時計ももらい

 

なんでかなあ、と思ったら

 

安倍ちゃんが気を回して

 

若手のホープと全国的に認められていた

 

ヤマザキ先生を特別扱いしたのだと

 

盆栽協会の会長がささやいたので

 

それ以来、ヤマザキ先生は

 

安倍ちゃんは良い人だと分かったので

 

応援することにしました。

 

2006年は安部をディスる風潮が蔓延し

 

今のようなSNSはないので

 

もっぱらブログでヤマザキ先生は

 

安部ちゃん支持を表明していたのですが

 

ある時から2チャンネルで

 

ヤマザキ先生をディスるスレが毎日のように立ち

 

歯科のスレでは毎日ヤマザキ先生の悪口が

 

何百と書かれ

 

それらは皆でっち上げだったので

 

無視していたところ

 

個人でスレが立った第一位とか言われ

 

今でもその名残が5チャンネルなどには

 

残っているらしいです。

 

そんな狂った連中ばかりの中で

 

ヤマザキ先生は安倍ちゃん支持と

 

城内実支持を毎日書いていたのですが

 

城内実は郵政民営化に反対し

 

刺客を送られ落選

 

安部ちゃんも総理を辞任し

 

ヒラの国会議員になり

 

ヤマザキ先生は悔しい思いをしました。

 

しかし、元々、実力のある二人だったので

 

その後の活躍は説明する必要はないでしょう。

 

あれから14年が過ぎて

 

また同じ局面になりましたが

 

今回は最後の最後で大逆転劇がある感じです。

 

援軍の中心は何度も言っていますが

 

城内実で

 

あの時から14年が過ぎ

 

もう外務大臣をしても良い年になっています。

 

今回のTwitter騒動はアッキーによるものですが

 

安倍ちゃんはアッキーがどんなことをしても

 

注意もしないし、怒もしないことは

 

万人の知るところであり

 

そんな安倍ちゃんの忍耐をヤマザキ先生は

 

ひそみにならって

 

奥さんどころか、誰も怒らず

 

飛騨の山の中で楽しく生きています。

 

そんな安倍ちゃんの官邸での子分は

 

今現在、佐伯耕三くんただ一人なので

 

安倍ちゃんが好きな人は

 

佐伯くんの応援もよろしく。

 

今日もヤマザキ先生はラボワークをしています。

 

と言うことで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

| 高山市の日常 | 01:56 | comments(0) |
コメント
コメントする