コロナ関連の悪政で倒産企業が現実になっている飛騨高山の状況はかなりヤバイかも | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< この経済封鎖が半年続いたら 観光地高山の誇る古き町並みは 廃墟同然になる、のでアメリカに移住します。 | TOP | 城内実くんは明日から安倍ちゃんのそばにずっといて、変な連中から守ってやってほしい、というのがヤマザキ先生の希望です。 >>
コロナ関連の悪政で倒産企業が現実になっている飛騨高山の状況はかなりヤバイかも

gvbdo

誕生日のお花 Leica Q

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

毎年恒例のエイプリルフールなのですが

 

今年も騙された人がいて

 

パニックになっていました。

 

ヤマザキ先生は

 

高山は災害的に世界で一番安全な場所

 

だと信じており

 

少なくとも後8年は日本にいるので

 

動揺しないようにお願いします。

 

それよりもこんなニュースがありました。

 

*****

 

2020/03/31(火)

株式会社ひだ高山中央市場

岐阜県高山市公設地方卸売市場の卸業者
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:370105651

負債10億8000万円

 

ひだ高山中央市場(帝国データバンク撮影)

 

「岐阜」 (株)ひだ高山中央市場(資本金4600万円、高山市問屋町6、代表永井信次氏)は、3月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日同地裁より保全命令および監督命令を受けた。 

 申請代理人は網野精一弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)。

 

監督委員には佐藤三郎弁護士(東京都千代田区麹町3-12-7、佐藤三郎法律事務所、電話03-3556-2274)が選任されている。 

 当社は、1974年(昭和49年)11月に設立した青果物や水産物の卸業者。岐阜県高山市公設地方卸売市場・卸商業センター内における卸売業者2社のうちの1社として、野菜や果物を中心に、鮮魚や水産練製品、塩干物などの販売を手掛けていた。

 

主力の青果物は全国の農協や青果市場のほか契約農家から仕入れ、地元スーパーマーケットや農協、他地区の市場などへ販売。

 

「安心・安全・健康」をキーワードに飛騨地区の特産品も取り扱っていた。

 

91年には青果物用の低温売場を増設し、ピークとなる91年12月期には年売上高約86億7200万円を計上。

 

その後も96年には業界初となるクライアントサーバーシステムの導入を行うなど積極的な設備投資を行っていた。 

 しかし、その後は販売先である小売店間の競争が激化したほか、独自に仕入れを行う小売店も増えたことで市場外取引が増加し、当社の売り上げは減少傾向で推移。

 

一時は310社ほど存在した買受人が近年は170社程度に減少したほか、他市場との競合も激化し、2018年12月期の年売上高は約32億8400万円にまで落ち込んでいた。

 

その間、利益率も低下し慢性的な赤字に陥るなか、借入金の返済猶予を受けていた。

 

さらに、近年は天候不順や災害発生の影響で農作物が被害を受け、仕入れ量も減少。

 

多方面へ支払い遅延が発生するなか、ここへ来て資金繰りも限界に達して自主再建を断念し、今回の措置となった。 

 負債は約10億8000万円。 

 なお、今後はスポンサーである(株)駿河屋魚一(高山市)の支援のもと、新会社へ青果部門の事業を譲渡、鮮魚部門は清算し、再建を図っていくとしている。

 

*****

 

いよいよ高山の負の連鎖が始まりました。

 

こんなニュースも続いてありました。

 

*****

 

 

2020/04/01(水)

株式会社奥飛騨薬師のゆ本陣

奥飛騨温泉郷新平湯温泉の中でも最も古い温泉旅館のひとつ
新型コロナウイルス関連倒産
事業停止、自己破産申請へ
TDB企業コード:465017587

負債2億1000万円

 

「岐阜」 (株)奥飛騨薬師のゆ本陣(資本金500万円、高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根208-48、代表石田将之氏)は3月30日に事業を停止し、事後処理を大場寿人氏(東京都千代田区内幸町2-1-4日比谷中日ビル6階、三宅坂総合法律事務所、電話03-3500-2922)に一任し、自己破産申請の準備に入った。 

 当社は2015年(平成27年)12月に設立し、奥飛騨温泉郷内で温泉旅館「薬師のゆ本陣」を運営していた。

 

同旅館は(株)オージーエイチ <旧:(有)奥飛騨ガーデンホテル本陣、2018年11月特別清算集結の決定確定>を吸収分割、同社から事業を譲受したもので、奥飛騨温泉郷新平湯温泉の中でも最も古い温泉旅館の一つで、同温泉地最大規模を誇る設備を有していた。

 

 2019年8月期の年収入高は約3億2300万円を計上していた。 

 しかし、設備負担が重かったことで設立以降、損益分岐点を上回る収入高の確保には至っていなかったため、赤字決算が続き債務超過に陥っていた。

 

近時は外国人観光客を取り込むことで経営の立て直しを図ってきたものの、2月21日に新型コロナウイルス感染が確認された女性が飛騨地方のバスツアーに参加し、奥飛騨の宿泊施設に宿泊した旨の報道がなされて以降、予約客のキャンセルが相次いでいた。

 

3月以降も諸外国からの渡航制限措置により外国人宿泊客は激減。 

 当社としては3月30日にいったん休業した後、7月以降に営業再開をすることを検討していたが、新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、収束の見込みも立たないことから、営業再開を断念し、今回の措置に至った。 

 負債は債権者約100名に対し、約2億1000万円が見込まれる。

 

*****

 

飛騨高山中央市場は高山を

 

仕切っている一族の関連企業ですから

 

地元へのショックは大きいのです。

 

本陣は高山を代表する旅館の一つなので

 

これからの旅館ホテル関連の倒産が

 

予想されます。

 

そしてヤマザキ先生的には

 

本陣の倒産は悪政と

 

フェイクニュースの結果ですから

 

政治家とマスコミは恨まれるでしょう。

 

そのどうしようもない

 

政治家やマスコミが

 

首都封鎖をしようとしていますが

 

その機に乗じて

 

クーデターを起こして

 

憲法改正

 

NHK民営化

 

自民党及び財務省刷新

 

消費税停止

 

全国民へ無条件で一人30万円給付

 

を成し遂げる青年将校が現れないかと

 

ヤマザキ先生は熱望するのですが

 

どうでしょうか。

 

JUGEMテーマ:高山・飛騨路

| 高山市の日常 | 00:53 | comments(0) |
コメント
コメントする