この経済封鎖が半年続いたら 観光地高山の誇る古き町並みは 廃墟同然になる、のでアメリカに移住します。 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 新型コロナウィルス対策はアビガン中心の治療方法を主軸とし、煽る目的としか思えない検査重視の方法はやめてほしい、という個人的な感想 | TOP | コロナ関連の悪政で倒産企業が現実になっている飛騨高山の状況はかなりヤバイかも >>
この経済封鎖が半年続いたら 観光地高山の誇る古き町並みは 廃墟同然になる、のでアメリカに移住します。

gvbdo

 熊本県産のスイカ Leica D-lux7

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

曇りの高山です。

 

こんなニュースばかりです。

 

*****

 

新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

3/31(火) 21:14配信

毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染者は31日、国内で新たに計259人が判明し、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客を含む国内の感染者は計2933人となった。東京都で1日の確認分としては最多の78人となるなどし、クルーズ船関係の712人を除く感染者数は2000人を超えた。

【写真特集】渋谷も銀座も池袋も…閑散とした都内

 大阪府28人、福岡県17人、埼玉県15人、神奈川県14人の感染がそれぞれ確認され、いずれも1日あたりで最多となった。埼玉県では未就学の男児が含まれていた。

 愛媛県では、松山市内で営まれた通夜、葬儀に参列した50〜80代の男女4人が感染。県と市は集団感染が発生したとみて調べている。

 千葉県では集団感染が発生した同県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で新たに9人の感染を確認。施設関係の感染者は95人となった。

 山形県では初の感染例が確認された。神奈川県から来県した20代女性で山形県米沢市であった運転免許教習の合宿に参加していたという。【まとめ・大場弘行】

*****

結局このニュースでは新しく感染者が出た!

 

ということしかわからず

 

その人が何歳で、どのような既往歴で

 

今どうしているかはわかりません。

 

つまりこのニュースは事実を伝えるというより

 

煽り目的の要素が非常に大きく

 

新型コロナウィルスが広がっているぞ、怖いぞ!

 

と言っているだけなのです。

 

冷静に考えて見ると

 

通常のインフルエンザで毎年

 

日本では100万人以上感染し

 

1000人以上は死んでいるのに

 

新型コロナウィルスでは

 

感染者が3000人くらいで

 

高齢者限定で死亡者が50人くらい

 

という結果です。

 

しかもアビガンという治療薬が

 

存在しているのですから

 

恐れることは全くなく

 

アビガンを医師の処方箋があれば

 

誰でも近所の調剤薬局で手に入るようにし

 

新型コロナウィルスが怖くて仕方のない人は

 

飲めるようにしてやれば良いのです。

 

なんでそんな簡単なことを医師会は

 

政府に対して要求しないのだろう?

 

というのがヤマザキ先生の周りの

 

開業医の疑問なのですね。

 

そうすれば都市封鎖や自粛要請など

 

明らかな営業妨害はしなくても良いし

 

この辺で日本の経済を滅茶苦茶にしたい

 

マスコミや政治家や官僚のやりたい放題を

 

止めさせないとマジ日本はヤバイです。

 

少なくとも、この経済封鎖が半年続いたら

 

観光地高山の誇る古き町並みは

 

廃墟同然になるのは目に見えていると

 

市の幹部の人が飛騨ホテルのランチで

 

呟いているのですから

 

ヤマザキ先生はさっさと

 

終わっている連中に

 

支配されている日本を捨てて

 

アメリカに移住することにします。

 

7月くらいに決行しますので

 

会員の皆様は9月以降はアメリカ本土に

 

定期検診で来るようにしてください。

 

Ciao!

 

JUGEMテーマ:高山・飛騨路

| 高山市の日常 | 00:11 | comments(0) |
コメント
コメントする