学校を休校にするというのはもう手遅れで意味はなく、これからはアビガン を使った治療法を確立すべき。 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< GVBDO 普通より2ヶ月も早く金蛇が現れた飛騨高山の異常気象 CO2は無関係 | TOP | 新型コロナウィルスへの政府対応がおかしいのはなぜだろうか?テロ予告でもあったのだろうか? >>
学校を休校にするというのはもう手遅れで意味はなく、これからはアビガン を使った治療法を確立すべき。

チューリップ,tulip,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

斑鳩のじゅんちゃんのチューリップ Leica D-lux7

 

晴れの高山です。

 

新型コロナウィルスの感染を食い止めようと

 

全国の公立学校を来週から休校する要請を

 

安倍首相が出しましたが

 

問題はもうそこではないことを

 

スピ系のあなたは知っています。

 

新型コロナウィルスは全世界に拡散されていて

 

日本中にももう広まっています。

 

感染者数が低いのは

 

検査をしていないためですから

 

あてにはできません。

 

学校を閉鎖するというのは

 

東京オリンピックを何がなんでも

 

開催したい人がいて

 

安倍首相にねじ込んだためでしょうが

 

ポイントがかなりずれています。

 

世界中に広まっているというのは

 

もう拡散を止めるのは意味がない

 

ということですから

 

これからは治療の方法に集中する

 

ということに舵を切らなければならないのですが

 

幸いなことに日本にはアビガン という

 

効く可能性の高い薬があるので

 

重篤な症状の人には試してみれば

 

良いのだろうと山崎先生は考えています。

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

| 高山市の日常 | 11:54 | comments(0) |
コメント
コメントする