GVBDO 北大教授 佐野英彦を見て考える人生というのはわからないものだという山崎先生の感慨  G.V.BLACK DENTAL OFFICE | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< GVDBO Hollenback Memorial Prize Recipients ホーレンバックメモリアルプライズ 受賞者 リスト | TOP | GVBDO 東京医科歯科大学が東京大学に吸収合併されなかったことが全ての悲劇の始まりだったかも G.V. BLACK DENTAL OFFICE >>
GVBDO 北大教授 佐野英彦を見て考える人生というのはわからないものだという山崎先生の感慨  G.V.BLACK DENTAL OFFICE

出典https://www.facebook.com/716209555204399/photos/pcb.1273111722847510/1273111426180873/?type=3&theater からお借りしました。

 

晴れの高山です。

 

とても暖かな日です。

 

人生には何が良くて何が悪いのかスピ系のあなたも

 

日頃から不思議に思っていることが多いのでしょうが

 

山崎先生も考えてしまうことがありました。

 

やんまくんがらみです。

 

やんまくんはOPERATIVE DENTISTRYと言う

 

世界的に認められている歯科の分野で

 

研究者として与えられる最高賞を今年受賞しました。

 

Hollenback Awardです。

 

この経緯はこのブログの過去3日分を読んでもらうとわかります。

 

日本人で3人目の快挙ですが、実は日本には

 

やんまくんよりもずっと上だとされている人がいるのです。

 

今からずいぶん前、山崎先生が東京医科歯科大学の講師であった頃

 

当時の学部長であった江藤教授と二人で

 

教官専用食堂で食事をしていた時

 

「北大の保存の教授には誰がいいかな?」と尋ねられたので

 

山崎先生は迷わず「佐野が良いと思います。」と言いました。

 

当時の医科歯科には「保存1は田上順次」と言う規定路線があり

 

佐野は継子で一生日陰の存在で終わるとされていたからです。

 

それを後で聞いた故茅野のお兄ちゃんは

 

「それ面白い」と言うし、コバケンも「それしかないかもな」

 

と言うので江藤学部長がその気になりやりくりして

 

北海道大学教授佐野英彦が誕生したのです。

 

しかし、その後の消息は悪い話や悲しい話ばかりで

 

山崎先生も心を痛めていたのですが

 

東日本大震災が起こり

 

山崎先生も自分のことで精一杯になり

 

高山に疎開してしまうと

 

医科歯科情報とも疎遠になって

 

やんまくんのことも田上さんのことも

 

思い出すことがなくなっていました。

 

今回、フィリピンの大学の研究者が

 

Hollenback Award をSanoが受賞したが

 

Sanoのことは知っているか?

 

と聞いてきたのでやんまくんの近況を

 

北大のホームページやFacebookで

 

知る機会に恵まれました。

 

画像が多く掲載されているのですが

 

その中の一枚が山崎先生の目を釘付けにしました。

 

上記に拝借した画像なのですが

 

20年前と同じ姿格好でヘラヘラしている

 

やんまくんの横にいる

 

人の良さそうな老紳士は田上さんです。

 

今は日本保存学会の会長という

 

トップに君臨しているのですが

 

山崎先生の知っている田上さんの面影はありません。

 

北の大地は地獄の大地

 

と言われた北大に行ったやんまくん

 

研究に没頭できたようで

 

見た目も20年前とさほど変わらないまま

 

OPERATIVE DENTISTRYの最高賞である

 

Hollenback Awardを日本人としては3人目に受賞して

 

自分の名前を永遠に残すことになりました。

 

一方、ガン騒ぎなどはありましたが

 

順風満帆で医科歯科の副学長になった田上さんは

 

毎日医科歯科のいざこざに巻き込まれ

 

後始末に忙殺され研究に集中できず

 

その結果、

 

自分の後輩のやんまくんに世界的な賞で抜かれ

 

今現在の日本限定浮世の名誉は

 

やんまくんを遥かに凌いだとしても

 

20年後の将来には

 

田上さんの名前を知る人がいない可能性があり

 

毎日、年だけ取ってゆく自分をどう思っているのか

 

田上さんは賢い人だけに

 

この画像を見ると山崎先生は考えてしまうのです。

 

人間は二度死ぬ

 

一度目は命が尽きた時

 

二度目は人々がその人を忘れた時

 

スピ系のあなたの好きな言葉ですよね。

 

今日はジョニーさんのクラウンと

 

Fuzzyさんの前歯のブリッジを作っています。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

 

JUGEMテーマ:歯科あれこれ

| 高山市の日常 | 14:15 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック